学会長あいさつ

新垣 慶子

 第39回食事療法学会を2020年3月7日(土)8日(日)の2日間、幕張国際研修センターにて開催させていただくことになりました。今回の学会テーマは、東京オリンピック開催の年でもあり、日本と世界をつなぐ成田空港から飛び立つ人たちの夢と、全国から本学会に集まる管理栄養士・栄養士の今後の未来への期待感を重ねて『ちばから未来への飛躍〜思いやりあふれる栄養ケアで幸せな地域を築こう!〜』といたしました。

 2025年問題とともにわが国における栄養事情は大きく変化しています。最近では「サルコペニア」「フレイル」によって生活機能障害を招き、更には健康寿命を妨げ、要介護状態につながる可能性が高いと示唆され、従来の疾病予防に加え、健康寿命の増進といった幅広い分野に対して、私たち栄養士への期待が高まっています。本学会が、臨床現場に携わる皆様の積極的な発表などを通じ“未来への飛躍”になっていくことを願っています。そのため、千葉の執行役員一同こころを一つに準備を進めているところです。

 講演は各々の分野でご活躍中の先生方による教育講演、文化講演、学術講演などを予定しております。文化講演では、病院勤務の管理栄養士が日々奮闘する医療マンガの著者でもあり、心理カウンセラーでもある、野崎ふみこ先生によるご講演を企画いたしました。また、2020年度診療報酬改定をテーマに情報提供と会員対話も行います。例年通り、演題募集も行います。テーマに「栄養士会活動」「介護」を付け加えましたので、是非この機会に日頃の成果をより幅広い分野から発表していただければと願っております。

 千葉県は東京都の東方にあり、農村部の房総半島を擁しています。成田市には、10 世紀にさかのぼる有名な仏教寺院、成田山新勝寺があります。浦安市にある広大な東京ディズニーリゾートには、複数のテーマパーク、ホテル、ショッピング施設があります。千葉県北東部の太平洋沿岸には、全長約 60 kmの九十九里浜があります。学会会場である幕張から東京ディズニーリゾートへのアクセスは非常に便利で、学会終了後に訪れることも可能です。3月の千葉は菜の花が満開のとても気候の良い季節です。アフターファイブも存分にお楽しみください。多くの会員の皆様に千葉へお越しいただけますよう祈念し、挨拶とさせていただきます。

第39回食事療法学会 学会長 佐々木 徹

▲ページ上へ