プログラム

日 時
平成31年3月2日(土) 9:30~17:10、3日(日) 9:30~16:00
会 場
札幌市教育文化会館 〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
主 催
公益社団法人日本栄養士会 医療事業部
テーマ
Be ambitious!~フロンティア精神で挑もう! 食と医療の未来への道~

1日目

時 間 内 容
8:30~ 開場・受付
9:30~
10:15
開会式
開会のことば 第38回食事療法学会学会長 山田 朋枝
挨拶 公益社団法人日本栄養士会会長  
  公益社団法人日本栄養士会常任理事  
来賓 北海道知事  
  札幌市市長  
  北海道医師会会長  
10:30~
11:30
文化講演「アイヌ民族の食文化」
講 師: アイヌ民族文化財団
民族共生象徴空間運営本部 本部長代理
村木 美幸
座 長: 公益社団法人北海道栄養士会医療栄養士協議会会長 山田 朋枝
12:00~
13:00
ランチョンセミナー(未定)
13:30~
14:30
教育講演「変革期の病院経営の中、病院管理栄養士に求められるもの(仮)」
講 師: 渓仁会グループ最高責任者医療法人渓仁会 理事長 田中 繁道
座 長: 日本栄養士会医療事業部企画運営副委員長 石川 祐一
14:50~
15:50
教育講演「食事と体および心との関係 -食事療法のもう一つの視点-」
講 師: 札幌医科大学医学部
基礎医学部門講座 細胞生理学講座教授
當瀬 規嗣
座 長: 日本栄養士会医療事業部常任企画運営委員 宮崎 純一
16:10~
17:10
学術講演「糖尿病とがんの危険な関係~2つの病いを支える栄養士の役割とは?~」
講 師: 国立がん研究センター中央病院
総合内科(糖尿病腫瘍科)科長
大橋 健
座 長: 日本栄養士会医療事業部企画運営委員長 原 純也
18:30~ 情報交換会 会場:ホテルロイトン札幌

2日目

時 間 内 容
8:30~ 開場・受付
9:30~
11:30
シンポジウム:
テーマ「在宅において管理栄養士に何ができるか~チーム医療の一員としての役割~」

「医師の立場から」
  こだま在宅内科緩和ケアクリニック 理事長・院長 児玉 佳之
「看護師の立場から」
  こだま在宅内科緩和ケアクリニック 看護部長 北田 優子
「歯科医師の立場から」
  札幌西円山病院 歯科診療部長
北海道大学臨床教授 歯学博士
藤本 篤志
「管理栄養士の立場から」
  北海道栄養士会栄養ケア・ステーション西胆振 代表 川畑 盟子
「理学療法士の立場から」
  札幌東勤労者医療福祉協会 勤医協在宅グループ リハビリテーション部長/勤医協東在宅総合センター センター長 飯尾紗綾香
座 長: 医療法人社団 佳生会
こだま在宅内科緩和ケアクリニック 理事長/院長
児玉 佳之
座 長: 日本栄養士会医療事業部常任企画運営委員 中川 幸恵
12:00~
13:00
ランチョンセミナー(未定)
13:30~
15:30
会員対話「平成32年度診療報酬に向けて」
座 長: 日本栄養士会医療事業部企画運営副委員長 渡辺 啓子
15:50 次期開催県挨拶
第39回食事療法学会学会長 佐々木 徹
  閉会式 閉会のことば
第38回食事療法学会実行委員長 野村 稚里
▲ページ上へ